読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マルクマスのブログ~ブロクマス~

アイマスやライブ、セッションについて書いたり、書かなかったり。

今更ながら第5回アイマスセッション感想。その①

みなさん、はいさーい!!




もう1週以上経ちましたが(爆)第5回アイマスセッションお疲れ様でしたーー!!!




今回は参加者は35人を超え、曲数も14曲と過去最大規模でしたね。







私はスタッフということもあり、これまたセッションで最多の9曲演奏いたしました!



また8曲はキーボードですが、1曲初めてボーカルにもチャレンジいたしました 笑



そんなわけでアイマスセッションを振り返っていきたいと思います!




今回のアイマスセッションのセットリストはこんな感じでしたー!
(◎がボーカルで参加。☆がキーボードで参加)

1.純情Midnight伝説 ◎
2.SMOKY THRIL ☆
3.アタシポンコツアンドロイド ☆
4.絶対特権主張します!
5.Dreaming!
6.アフタースクールパーリータイム
7.サマ☆トリ~summer trip~ ☆
8.ジェミー
9.I'm so free!
10.I Want
11.あいくるしい ☆
12.S(mile)ING! ☆
13.Shine!!
14.Star!!



こんな感じでたくさんの曲に参加させて頂いたのですが、練習を始めて思ったのが



エ ン ト リ ー し す ぎ た



耳コピにしても、音作りにしても時間がホンマにかかりすぎて、曲を覚えるにも必死すぎましたw




結果Voで参加する純情midnight伝説が本番まで覚えられないという結果に。。。(申し訳ない)





そんなこんなで、本番当日。




同じスタッフのかずさんと一緒に機材をもって
セッション会場へ。



会場に着くともう何人か来ていて、アイマストークに花を咲かせたり、純情midnight伝説のダンスを一緒に練習したりw



こんな感じでスタジオ空く時間まで待っていました。




そしてスタジオが空いて、セッティング準備に取りかかったのですが、初めての場所ということで、普段使わない機材も多く、なかなか準備に時間がかかってしまいました。




更に極めつけが、使用予定だった鍵盤関係の機材が使えないことが判明しました。





僕の準備不足というのがそもそもの原因なのですが、もう頭が真っ白になりました。




そのあとたくさんの方々が集まって来るなかでその数に圧倒されながら、本当にどうすればいいのか途方に暮れてました。




みなさん本当に楽しみにして来てくださってるのに、このままではセッションが。。。

と最悪な事態も頭によぎりました。







でもそんな時、ある方がPAをしてくださると申し出てくれ、


また違う方がキーボードを貸してくださって、



また1人、どうにか機材を使えるようにする方法を考え、教えてくださったり、



ペダルを貸してくださったり、



急な機材変更にも快く応じてくださり、





様々な方々が色んな事を手伝って下さって、





諦めかけていたセッションを続けることができました。




自分だけでは絶対に無理だったものを様々な方に助けていただき、無事に続けることができました。




本当に感謝の思いでいっぱいです。





本当にありがとうございました。






それと同時に、このセッションがいろんな方に支えてもらってるということを実感し、それが嬉しくて、




スタッフとして、より一層頑張っていきたいと思いました。







ちょっと真面目な(?)話になってしまいましたが、ここからはセッションの曲ごとの話をしていきたいと思います!



1曲目「純情midnight伝説」


初のボーカル参加曲です!笑



僕は大和亜季ちゃんのパートを担当させていただいたのですが、そもそもなぜ参加しようかと考えたのかというと、理由は3つあります。



1つ目は、エントリーにsideMの曲が増えてきたこともあり、いつかsideMの曲でボーカルをするためにボーカルに慣れておきたかったからです。




2つ目は、ボーカル、アイドルの気持ちを知ってみたかったからです。


普段僕はキーボードでいろんなセッションに参加させて頂いているのですが、ボーカルとして、アイドルとしてステージに立つのはどんな気分なんだろうかと知ってみたかったからです!


3つ目は、先月行われたデレマス4thで担当にも関わらず、なつきちのサプライズの炎陣集合を見逃すということがあったからです!笑


見逃したあとに、ふと考えて。。。


「自分が炎陣として歌えばいいのでは?!」


という謎の考えに至ったからです!笑




で、本番はといいますと




前述の機材の関係で心ここにあらずになっていて(そんとき周りの方からなんかいつもより目が怖いって言われてましたw)

さらにダンスの準備不足ということもあり



横の人の動きを見ながらワンテンポ遅れたダンスをしつつ、音を外しまくるといえ結果に。。。(一緒のボーカルの方々すいません。。。)


これはこれで楽しかったですが、次からはもっとちゃんと準備してからボーカルにエントリーしたいと思いました。。。





続く。